「補聴器の電池」種類と寿命は?

2018年01月31日

みなさん、こんにちは。

神戸・明石の補聴器専門店須磨補聴器センター店長の「のごみん」です。

まだまだ寒い日が続きますが、この寒さもあと1ヶ月ほどの辛抱ですね。

 

前回の、「補聴器の電池」どんなもの?に引き続き、今回は「補聴器の電池」種類と寿命は?のお話です。

 


 

「補聴器の電池」どんな種類があるの?

 


前回、ご紹介した補聴器専用「空気電池」ですが、電池のサイズが違う4つの種類があります。そして、使っている補聴器の形や大きさによって、使える電池のサイズも違ってきます。

 

 

●PR536 (サイズ10)

・黄色いパッケージとシールが目印

・使える補聴器の種類

 小型、極小の耳穴型

 極小の耳かけ型など

 

 

 

 

 

 

●PR41(サイズ312)

・茶色いパッケージとシールが目印

・使える補聴器の種類

 標準サイズの耳穴型

 小型の耳かけ型など

 

 

 

 

 

 

●PR48 (サイズ13)

・橙色のパッケージとシールが目印

・使える補聴器の種類

 大きめの耳穴型

 標準及び少し大きめの耳かけ型など

 

 

 

 

 

 

●PR44(サイズ675)

・青色のパッケージとシールが目印

・使える補聴器の種類

 大型の耳掛け型など

 

 

 

 

 


 

「補聴器の電池」寿命はどれぐらい?

 


補聴器の電池の寿命は、使用する環境や装用時間、そして使っている補聴器の性能や調整具合、電池のサイズによっても違ってきます。そのため、あくまで目安になりますが各サイズの電池寿命は下記のようになります。

 

PR536(サイズ10) PR41(サイズ312) PR48(サイズ13) PR44(サイズ675)
1日約10時間前後の装用で
5~7日程度 7~10日程度 10~14日程度 3週間程度

 

 

えっ!思っていたより短いですか?

 

 

最近の補聴器は自動ボリュームは当たり前で、機種にもよりますが周囲の環境に合わせて補聴器が自動的に雑音を抑えたり・調整を変えたり、左右の補聴器が通信したりと年々高性能になっております。そのため、それだけのことをすべて自動で行うので電池寿命も短くなってしまうんです。

 

あと、季節によっても電池の寿命が変わってくるのですが、それは次回の「補聴器の電池」寒いと寿命が短くなる?でお話したいと思います。

 

須磨補聴器センターでは、環境に優しい「水銀0の空気電池」を販売中!

1パック6粒入を500円(税込)にて販売しております。

 

お店への行き方は

 

 ここをクリック  〉

 

 

 

「補聴器の電池」どんなもの?の記事へはこちら

 

「補聴器の電池」寒いと寿命が短くなる?の記事へはこちら

 


「補聴器の電池」どんなもの?

2018年01月30日

 

みなさん、こんにちは。

神戸・明石の補聴器専門店須磨補聴器センター店長の「のごみん」です。

須磨は、今日もいい天気ですが風が強くて少し寒いです。近頃は風邪やインフルエンザも流行ってますのでお気をつけ下さい。

 

今日は、補聴器が初めての人やこれから補聴器を考えている人には気になる「補聴器の電池」のお話です。

 


 

補聴器専用「空気電池」

 


補聴器の電池を見たことがございますか?一見すると、普通のボタン電池と同じような形をしていますが、補聴器の電池は「空気電池」と呼ばれる補聴器専用の物が多く使われています。

 

この空気電池は、軽くて小型の割に、電池容量が大きいのが特徴です。水銀電池に比べ、軽量で電池の寿命は約2倍。その名の通り、空気中の酸素を使って発電し、水銀はほとんど含みません。

 

また、最近ではより安全性の高い、水銀を全く含まない「水銀0」の空気電池が主流になりつつあります。須磨補聴器センターでも水銀0の空気電池を販売しております。

 

毎日身につけるものだから、出来るだけ安全なものを使いたいですよね。

 

そして、空気電池には電池の+(プラス)面に色の付いたシールが貼ってあり、そのシールを剥がすことにより酸素を取り込んで発電する仕組みになっています。そのため、空地電池は一度シールを剥がすと発電がはじまり、補聴器を使用していない間も少しずつ残量が減ってしまいます。

 

また、昨年は繰り返し使える充電式の銀・亜鉛電池も発売されました。 ※専用の充電式補聴器と充電器が必要。

 

では次回は、補聴器の電池の種類と寿命についてお話いたします。

 

須磨補聴器センターでは、環境に優しい「水銀0の空気電池」を販売中!

1パック6粒入を500円(税込)にて販売しております。

 

お店への行き方は

 

 ここをクリック  〉

 

 

「補聴器の電池」種類と寿命は?の記事へはこちら

 

「補聴器の電池」寒いと寿命が短くなる?の記事へはこちら

 

前回の「補聴器とお耳のお話」の記事へはこちら


オテンバ柴犬「福ちゃん」の4コマ写真6

2018年01月29日

 

みなさん、こんにちは。

神戸・明石の補聴器専門店須磨補聴器センター店長の「のごみん」です。

 

今日は、オテンバ柴犬「福ちゃん」4コマ写真の新作をご紹介します。

 

 

 「福ちゃんのマクラ」の巻 

 


福ちゃんは、お昼寝が大好き!

いつも、いろんなものをマクラにして寝ています


 

 

 

 

 

 


お気に入りのマクラで気持ち良さそうですね


 

 

 

 

 

 


今度は、お父さんと一緒に同じマクラで寝ていますね


 

 

 

 

 

 


とうとう、人の手をマクラにして寝てしまいましたよ


 

 

 

 

 

 


お気に入りのフリスビーをマクラにしてみましたが、

何度もうなされて起きてしまう福ちゃんでした


 

 

 

 

 

 


福ちゃん、明日はいい夢みれるかな

おしまい


 

これからも、オテンバ柴犬「福ちゃん」4コマ写真の新作が出来ましたら須磨補聴器センターよりお届けします。

 

前回のオテンバ柴犬「福ちゃん」の記事は、こちら

 

次回のオテンバ柴犬「福ちゃん」の記事は、こちら


「補聴器の選び方」種類・デザイン編

2018年01月27日

 

みなさん、こんにちは。

神戸・明石の補聴器専門店須磨補聴器センター店長の「のごみん」です。

 

以前、補聴器の選び方として「値段(価格)と性能」のお話をさせていただいたのを覚えてらっしゃいますか?

 

補聴器には、「値段(価格)と性能」の違いだけではなく、色々な「種類やデザイン」のものがありそれぞれ特長が違います。補聴器の良い選び方は、「値段(価格)と性能」はもちろんのこと、自分に合った「種類やデザイン」を選ぶことも重要です。

 

本日は、自分に合った最適な補聴器を選びの参考に「種類やデザイン」についてのお話をしたいと思います。

 

 


箱型(ボックス)タイプ


 

 

 

ラジオのように本体からイヤホンコードがあり耳栓を耳に挿入するタイプです。

長所

  • 本体が大きく操作がしやすい。
  • 電池は単3または単4を使う物がほとんどで大きい電池を搭載するので電池の寿命は長い。
  • 比較的お手頃価格なものが多く軽度から重度難聴までの種類がある。

短所

  • コードが邪魔になる。
  • ポケットに入れて使うことが多く衣擦れの音を拾うことがある。

★おすすめのポイント
ベッドでの生活時間が長い人にとっては非常に使いやすいです。

 


耳かけタイプ


 

 

 

 

 

耳の後ろに乗せてチューブを使って耳栓を耳に入れて使用します。マイクが耳の上につくので箱型より音質は自然です。

長所

  • 耳栓部分が既成のものからオーダーまででき、補聴器本体以外に耳栓での工夫により音質チューニングが可能。
  • カラーや形・大きさのバリエーションが豊富で聴力的にも幅広く対応できる。
  • 充電タイプも出てきている。

短所

  • 耳に乗せて使用するため、汗の多い人には故障が起きやすい。

★おすすめのポイント
耳あな型に比べて大きいため取扱いが比較的容易であり、耳の中に機械が入らないため湿気や耳垢の影響を受けにくい。

 


RIC(RITE)タイプ


 

 

 

 

 

耳かけタイプと同じ耳の後ろに乗せて使用するが、本体と音を出すスピーカーが分離しており、耳かけタイプに比べ音質が良い。

長所

  • 穴の空いた特殊な耳栓を使うことができ、自声の響きやこもりを大きく軽減できる。
  • 耳に装用すると前からは細いワイヤーしか見えないため、かなり目立ちにくい。
  • 充電タイプも出てきている。

短所

  • 耳の中に湿気がある方や汗の多い人は故障が起きやすい。

★おすすめのポイント
自分の声や装用感など補聴器を付けたときの違和感が非常に少ないので、補聴器が初めての方におすすめです。

 


耳あな型・カナルタイプ


 

 

 

耳の型を取って、装用者に合わせてオーダーメイドで作成する、標準タイプの耳あな型補聴器です。

長所

  • 音を拾うマイクが、耳の中にあるので音質が自然。
  • 同じ耳穴型のCICタイプに比べて大きいため、取扱いが容易で電池寿命も長い。
  • 耳の型に合わせて作成するので、装用中の落下の心配が少ない。

短所

  • 耳の中に湿気がある方や、耳垢が柔らかい方は故障が起きやすい。

★おすすめのポイント
耳の中に入っているのでメガネやマスクをしても邪魔になりません。

 


耳あな型・CICタイプ


 

 

 

 

 

耳の型を取って、装用者に合わせてオーダーメイドで作成する、小型タイプの耳あな型補聴器です。

長所

  • とにかく小さくて、耳の穴の奥に入るので目立たない。
  • 音を拾うマイクが、耳の中にあるので音質が自然。
  • 耳の型に合わせて作成するので、装用中の落下の心配が少ない。

短所

  • 耳の中に湿気がある方や、耳垢が柔らかい方は故障が起きやすい。

★おすすめのポイント
目立たず、小さい補聴器をお求めの方におすすめします。

 


聴力やお耳の状態によってオススメの種類・デザインは違ってきます。

補聴器専門のお店にご相談下さい。


 

どうですか、

「補聴器の選び方」種類・デザイン編は参考になりましたでしょうか?

 

須磨補聴器センターは、「自分に合った補聴器選び」をお手伝いします。

まずは、相談から

 

ここをクリック

 

 ご相談  〉

 

 

「補聴器の選び方」値段(価格)・性能編の記事へはこちら

 

「補聴器の電池」どんなもの?の記事へはこちら


補聴器・新製品2018「フォナックB(ビロング)新2機種」

2018年01月19日

 

みなさん、こんにちは。

神戸・明石の補聴器専門店須磨補聴器センター店長の「のごみん」です。

 

本日は、新製品補聴器のご紹介です。スイスに本社を置く世界シェア第1位の補聴器メーカーフォナックより、次世代補聴器2機種が2018年1月18日に新発売されました。

 

今回、新製品として発売されましたのは、耳かけRICタイプの「フォナック オーデオ B-ダイレクト」と耳穴タイプの「フォナック バート B」の2機種となります。

 

では、それぞれの特長を見てみましょう。

 


 

フォナック オーデオ B-ダイレクト

 


 

このフォナック オーデオ B-ダイレクト」の最大の特長は、フォナック初の携帯電話(スマートフォン・iPhoneを含む)を使用したダイレクト通信が可能な補聴器(各携帯電話のBluetooth®に接続)だというところです。ダイレクト通信という名の通り、中継器を使わず携帯電話に直接接続ができます。

 

そうすることにより、携帯電話をバックやポケットにしまったままでも、携帯電話が離れた場所(5m以内)にあっても、補聴器のボタンを押すだけで通話が可能になる “ 真のハンズフリー ”通話を実現しました。

 

そして、業界初となるあらゆる「携帯電話・スマートフォン・iPhone」(Bluetooth®搭載)とのダイレクト通信が可能な “Made For All” の補聴器です。

 

 


 

フォナック バート B

 


 

次に、「フォナック バート B」の最大の特長ですが、革新的な技術である「バイオメトリックキャリブレーション」を採用した、世界初の『音もオーダーメイド』した耳あな型補聴器です。

 

バイオメトリックキャリブレーション機能を搭載することにより、耳の解剖学的構造に対応した1600以上のポイントから得られる情報をもとに、指紋のように個々に異なる耳全体の形状を精密に分析し、耳介で発生する音響効果をそれぞれの耳に合わせて作り出すことが出来る、次世代のオーダーメード補聴器です。

 

 


 

価格とラインナップ

 


● フォナック オーデオ B-ダイレクト(全9色カラー)

  ・B50:12ch 2年保証 片耳270,000円

  ・B70:16ch 2年保証 片耳370,000円

  ・B90:20ch 3年保証 片耳520,000円

 

● フォナック バートB(IIC/CIC/ミニカナル/カナル/ハーフ・フル)

  ・B30: 8ch  2年保証 片耳188,000円

  ・B50:12ch 2年保証 片耳280,000円

  ・B70:16ch 2年保証 片耳370,000円

  ・B90:20ch 3年保証 片耳540,000円

 

 

フォナック B(ビロング)補聴器は、

須磨補聴器センターにて試聴・体験が可能です。

まずは、相談下さい。

 

ここをクリック

 

 ご相談  〉

 

 

 

前回の「補聴器とお耳のお話」の記事へはこちら


« 前の記事を見る