補聴器をつけるのは、「片耳?・両耳?」  

 

まず、補聴器を装用する(付ける)耳ですが、須磨補聴器センターでは下記のようにおすすめしています。

● 片耳が難聴で、反対耳は 健聴もしくは補聴器を装用しても効果が見込めない方
このような方は、「難聴耳への片耳装用」

● 両耳がどちらも難聴の方
このような方は、「難聴耳への両耳装用」
ひと昔前は、補聴器の雑音が大きいとの理由で片耳だけに補聴器を装用している方も多かったのですが、近年では補聴器の性能も大幅にUPしたことにより両耳に装用してもうるさくなくなりました。
そうなると、両耳装用の利点は片耳装用に比べてかなり大きいため、最近では「両耳が聞こえづらければ、両耳に補聴器を装用するのが当たり前」の時代になってきました。

両耳装用の利点:
① 騒音下や2人以上の会話でもチカラを発揮
人は多くの場合、子供の頃から両方の耳で相手の話を聞いています。
そのため、補聴器も両耳装用して良く聞こえていた頃と同じように両方の耳で聞いた方が、必要な音や会話が聞き取りやすくなります。
特に、騒がしい場所や複数での会話がラクに楽しめます。

② 疲れにくい
片耳に頼ると、聞こうと努力しなければならないので、肩に力が入り疲れてしまうこともあります。
両耳装用なら、バランスよく聞こえるので負担が軽減されます。

③ 音の方向や距離をキャッチ
両耳装用だと聞こえの範囲が左右に広がるので、どこから音がきているかがわかりやすくなり安全です。

※片耳装用だと、補聴器をつけていない方の耳の聞き取り能力が、次第に衰えていくという研究結果があります。
(JAAA 141-149,Vol6/No.2 Mar.1995)

須磨補聴器センターでは、上記の両耳装用の利点をご説明した上で「片耳?・両耳?」は、お客様にお決めいただいております。

 

  おすすめのメーカーや種類・デザインは?  


現在、日本で販売されている補聴器のメーカーは、国内外・大小合わせると13社以上のメーカーが存在しており、同じ価格帯の補聴器であればどのメーカーも昔に比べ性能は格段に良くなっています。
また、補聴器の種類やデザインも装用者の聴力(聞こえ具合)や好みに合わせて選べるように色々と用意されています。

 

● 失敗しない、メーカーや種類・デザインの選び方

① メーカーは、経験豊富な補聴器の専門家に選んでもらう
メーカーによって、補聴器の音色や音質がそれぞれ違うため、自分に合ったメーカーの補聴器でなければ、なかなか慣れず調整に時間が掛かったり、音質が合わず何度調整しても快適に使えなかったりすることがあります。
そのため、自分に合ったメーカーを経験豊富な補聴器の専門家に選んでもらうことがとても重要になります。

② 種類やデザインは、経験豊富な補聴器の専門家と一緒に選ぶ
補聴器は、種類やデザインによって特長も違いますし、聴力(聞こえ具合)によっては合わない種類やデザインもあります。
ですから、種類やデザインを選ぶときは自分の好みや要望を伝えながら、経験豊富な補聴器の専門家と一緒に選ぶのが良いでしょう。


  どれぐらいの値段・価格を選べばいいの?  

最後に、補聴器の値段・価格ですが、人それぞれ補聴器に対する価値観が違うため、全員に当てはまるおすすめの値段・価格というものは残念ながらありません。
ですから、須磨補聴器センターでは補聴器の値段・価格による性能の違いをご説明した上で、補聴器に対するご予算をお客様ご自身でお決めいただいております。


補聴器の選び方に迷ったら、気軽に須磨補聴器センターへご相談ください。