補聴器の種類は、一般的に大きく分けると下記の3種類となります。

          耳あな型(軽度~高度難聴 対応)         
片耳価格:98,000円~570,000円
耳のカタチに合わせて作るオーダーメイドが主流、聴力(聞こえ具合)や好みに合わせてサイズが選べます。
耳の中にすっぽりと入り落下しにくいので、メガネやマスクを使う方、スポーツをされる方でも安心です。

 

     CIC(IIC)タイプ     
耳の型を取って、装用者に合わせてオーダーメイドで作成する、小型(極小)サイズの耳あな型補聴器です。

【 長所 】
 ・とにかく小さくて、耳の穴の奥に入るので目立たない。
 ・音を拾うマイクが、耳の中にあるので音質が自然。
 ・耳の型に合わせて作成するので、装用中の落下の心配が少ない。

【 短所 】
 ・耳の中に湿気がある方や、耳垢が柔らかい方は故障が起きやすい。

こんな方におすすめ! 
  目立たず、知られず、小さい補聴器をお求めの方。


       カナル タイプ       
耳の型を取って、装用者に合わせてオーダーメイドで作成する、標準サイズの耳あな型補聴器です。

【 長所 】
 ・音を拾うマイクが、耳の中にあるので音質が自然。
 ・同じ耳穴型のCICタイプに比べて大きいため、取扱いが容易で電池寿命も長い。
 ・耳の型に合わせて作成するので、装用中の落下の心配が少ない。

【 短所 】
 ・耳の中に湿気がある方や、耳垢が柔らかい方は故障が起きやすい。

★ こんな方におすすめ! 
  頻繁に電池を交換するのが面倒、補聴器のサイズよりも取り扱いのしやすさをお求めの方。

 

         耳かけ型(軽度~重度難聴 対応)         
片耳価格:50,000円~670,000円

スーパーパワータイプから目立ちにくい小型タイプ、付け心地と見た目を重視したRICタイプなど、聴力(聞こえ具合)や好みに合わせてサイズが選べます。
お耳の中に湿気が多く耳垢の柔らかい方、補聴器の付け心地を重視される方、充電式の補聴器をご希望の方におすすめします。

 

       BTE タイプ       
耳の後ろに乗せて、チューブを使って耳栓を耳に入れて使用、マイクが耳の上につくので箱型(下記参照)より音質は自然です。

【 長所 】
 ・耳栓が既成品~オーダーまで選べ、補聴器本体以外に耳栓での工夫により音質チューニングが可能。
 ・カラーや形・大きさの種類が豊富で、聴力的にも幅広く対応(小型~スーパーパワー)できる。
 ・他の形に比べ少し大きいので取り扱いがしやすく、耳への装着も容易。

【 短所 】
 ・耳に乗せて使用するため、汗の多い人には故障が起きやすい。

★ こんな方におすすめ!
  デザインやサイズよりも使いやすさ重視の方、耳の中に湿気がある方や、耳垢が柔らかい方

 

     RIC(RITE)タイプ     
耳の後ろに乗せて使用、本体と音を出すスピーカーが分離しており、鼓膜の近くで音を出せるのでBTEタイプに比べ音質が良く、付け心地も一番優れています。

【 長所 】
 ・穴の空いた特殊な耳栓を使うことにより、自声の響きやこもりを大きく軽減でき、補聴器を付けたときの違和感が少ない。
 ・耳に装用すると前からは細いワイヤーしか見えないため、かなり目立ちにくい。
 ・充電タイプも出てきている。

【 短所 】
 ・耳の中に湿気がある方や汗の多い人は故障が起きやすい。

★ こんな方におすすめ!
  充電式をお求めの方、補聴器を初めて使われる方。

 

 

          箱型(軽度~重度難聴 対応)          
片耳価格:44,000円~80,000円

箱型補聴器

ボックス型・ポケット型などとも呼ばれる(イヤホン付の携帯用ラジオに似たカタチ)

【 長所 】
 ・本体が大きく操作がしやすい。
 ・電池は単3または単4を使う物がほとんどで、大きい電池を搭載するので電池の寿命は長い。
 ・比較的お手頃価格なものが多く、軽度から重度難聴までの種類がある。

【 短所 】
 ・コードが邪魔になる。
 ・ポケットに入れて使うことが多く、衣擦れの音を拾うことがある。
・雑音抑制、音もれ(ハウリング)防止装置など、特殊な機能は搭載されていないことが多い。

こんな方におすすめ!
  ベッドでの生活時間が長い人、自分でボリューム操作がしたい方。

須磨補聴器センターでは、お客様のご希望や聴力(聞こえ具合)に合わせ、最適な補聴器を選ぶお手伝いをしております。

※掲載写真の出典:オーティコン補聴器より