オーダーメイドの補聴器はどうやってできるの??

PHONAK 商品ラインナップ

みなさん、こんにちは。

神戸・明石の補聴器専門店須磨補聴器センター店長の「のごみん」です。

 

耳の中にピッタリおさまって、付けても見立たないオーダーメイドの補聴器を知ってらっしゃいますか? その名の通り、補聴器を装用するお客様一人一人のお耳の形に合わせて作られております。

 

さて、そのオーダーメイド補聴器は、どのようにしてお客様の耳の形にピッタリ合うように作られているのでしょうか? 今回、国産の補聴器メーカー・リオネット補聴器から、オーダーメイド補聴器ができるまでのわかりやすい動画が公開されていましたのでご紹介いたします。

 

 


 

オーダーメイド補聴器は、こうやって作ってます

 


 

8つもの工程を経て、オーダーメイド補聴器はできているんですね。これなら、装用者のお耳にピッタリ・しっくりするはずです。

 

 


 

製作期間と気になるお値段

 


 

● 製作期間:ご注文からお渡しまで、約1週間~10日ほどかかります。

● お値段:1台 98,000円~520,000円(須磨補聴器センター取扱商品)

 

只今、オーダーメイド補聴器に関するご相談を承り中です。

気軽にご相談下さい

 

 ご相談  〉

 

 

 

前回の「補聴器とお耳のお話」の記事へはこちら

 

次回の「補聴器とお耳のお話」の記事へはこちら

 

関連記事

  1. 人工知能(AI)と補聴器

  2. 神戸の補聴器専門店:須磨補聴器センターより『補聴器の耳よりな…

  3. 「補聴器の電池」どんなもの?

  4. 新製品情報『スターキー リビオ AI/リビオ』

  5. 「ヘッドホン(イヤホン)難聴が急増中!」あなたは大丈夫?

  6. 「聞こえづらい・聞こえにくい」と感じたら