「聞こえづらい・聞こえにくい」と感じたら

みなさん、こんにちは。
神戸のとことん丁寧な補聴器専門店、須磨補聴器センター店長の「のごみん」です。


早いもので1月も、もう残りわずか風も冷たくなって寒い日が続いています。
今年は、インフルエンザも大流行していますので十分お気をつけください。

 

先日お店に、「10年以上聞こえづらいのを我慢していた」というお客様がご来店されました。
詳しくお話をお伺いすると、「以前から聞こえづらいのは感じていたが、どこで相談して良いのかもわからず、まだ大丈夫だろうと思っているうちに10年以上経ってしまった」とのことでした。

 

同じように「聞こえづらい・聞こえにくいと感じているのに我慢をしている」そういった方が、まだまだ大勢おられるのがとても残念です。

 

 


 

一人で悩まず、まず相談!

 


「聞こえづらい・聞こえにくい」と感じたり困ったら、「聞こえの専門家」にご相談ください。

 

須磨補聴器センターの場合、下記サービスを無料で受けることができます。

① 聞こえについてのカウンセリング
聞こえの悩みやお困りの状況など、詳しくお話をお伺
しご相談をお受けします。


② 聴力測定と言葉の聞き取りテスト

最新の設備を使って、現在の聞こえの程度と言葉の聞き取り能力をお調べします。

③ 測定とテスト結果のご説明
大画面テレビを使って、わかりやすく丁寧に測定とテスト結果をご説明いたします。

※すべて「認定補聴器技能者」が応対しております。

 

 


 

補聴器が必要な場合は、早期装用を!

 


なぜ、須磨補聴器センターが補聴器の早期装用をおすすめするのか?

① 「聞こえづらい・聞こえにくい」を放置すると記憶力・判断力が低下する可能性がある

※オーティコン補聴器「きこえと健康」より抜粋

 

② 「聞こえづらい・聞こえにくい」を放置すると認知症になるリスクが高くなる可能性がある

※ワイデックス補聴器「聞こえにくいを理解して、明日の健康寿命に活かす本」より抜粋

 

③ 「補聴器をつけていると、認知機能の衰えのスピードが下がった」という研究結果が発表されている
2015年

※オーティコン補聴器「きこえと健康」より抜粋

いまや人生100歳時代、脳を健康に保って毎日を楽しく過ごすためにも、補聴器の早期装用はとても重要なのです。

 

 


 

まずは気楽に、補聴器をお試しください

 


まずは、「補聴器はどんな音がするのか、自分には使えそうか」を気楽に試してみることが肝心です。
ちなみに先日ご来店の、聞こえづらさを10年以上我慢されていたお客様は、「もっと早く相談に来ればよかった」と言いつつも、早速、補聴器のお試しを始められました。

須磨補聴器センターでは、自分の聞こえ具合にピッタリ合った補聴器を、お店の中はもちろんご自宅でもお試しすることができます。

 

 

「聞こえづらい・聞こえにくい」と感じたら

気軽に、ご相談ください

お電話の方はこちら

 ☎ 0120-09-4133 

メールの方はこちら

 ここをクリック 

 

※前回の「補聴器とお耳のお話」は、こちら

 

※次回の「補聴器とお耳のお話」は、こちら

関連記事

  1. 新製品情報『オーティコン オープンS』

  2. 補聴器メーカー・スターキーより2017新製品(続報2)

  3. あなたの補聴器、夏バテしていませんか?(続編)

  4. 補聴器の進化と未来

  5. 補聴器の値段(価格)・性能

  6. オーティコン補聴器 新製品情報2018 第二弾