3月3日は「耳の日」

みなさん、こんにちは。

神戸・明石の補聴器専門店須磨補聴器センター店長の「のごみん」です。

 

前回のブログで、「3月3日は耳の日でもあるんですよ」とお伝えしたと思います。この「耳の日」は、難聴と言語障害をもつ人々の悩みを少しでも解決したいという、社会福祉への願いから始められました。

 

3の字が耳の形に似ていることと、「み(3)み(3)」の語呂合わせから日本耳鼻咽喉科学会の提案により、1956年に制定されています。

 

そして、毎年「耳の日」には、難聴で悩んでいる方々の相談や、一般の人々にも耳の病気のことや、健康な耳の大切さを知っていただくための活動や取り組みを「日本耳鼻咽喉科学会・日本補聴器工業会・日本補聴器販売店協会」で行っています。

 

ちなみに、3月3日は、電話の発明者であり、ろう教育者であったグラハム・ベルの誕生日でもあるそうです。

 

 

須磨補聴器センターでも、「補聴器の無料相談会」を開催中です。

補聴器は、買う前にまずは相談!

 

ここをクリック

 

 ご相談  〉

 

 

 

前回の「補聴器とお耳のお話」は、こちら

 

次回の「補聴器とお耳のお話」は、こちら

 

関連記事

  1. 今日は「補聴器の日」

  2. おたふくかぜの合併症で難聴の恐れ

  3. 『オーティコン|オープン』補聴器の常識を打ち破る“360°パ…

  4. 神戸の補聴器専門店:須磨補聴器センターより『補聴器の耳よりな…

  5. 明石市に「手話フォン」登場!

  6. 補聴器の選び方・買い方